ウォーキング・デッド ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォーキング・デッド ブログ

大好きなドラマThe Walking Ded をシーズン1からあらすじ・感想を書いています。※ネタバレあり

デッド シーズン2 2話 あらすじ・ネタバレ

The Walking Dead(ウォーキング・デッド)

 

 

1話ごとのあらすじや感想を書いていきます。

※ネタバレあります。

 

前回のエピソードはこちら

 

 

kaigaidorama.hatenablog.jp

 

 

シーズン2 エピソード2 題:命の代償(Bloodletting)

 

~世界が終末を迎える前の話~

 

ローリはカールの学校のお迎えで待っている間、「今朝、夫と大ゲンカしたの」と愚痴をこぼしていた。その時パトカーに乗ったシェーンが現れ、現場で撃たれて手術中だと聞かされる。

 

~現在~

リックは森で撃たれたカールを抱いて800メートル先にいるハーシェルという医師の元に必死で走っていた。そこは農場だった。

その農場にはカールを撃ったオーティスという大柄の男の仲間など数名が住んでいた。

 

ハーシェルがすぐにカールをベッドに寝かせ心音を聞くと息はまだあった。

リックはハーシェルに治療を託すが、混乱を隠せないでいた。

 

 f:id:mtomocha33:20170424161200p:image

 

ハーシェルがオーティスに何があったのか尋ねると、オーティスはカールには気づかずに鹿狩りの最中鹿を撃ったら弾が貫通してカールにあたったと弁解をした。カールの体の中に残った弾を摘出しなければいけないが、体の中で破片が6つに砕けていた。

 

ハイウェイに向かうローリ達は銃声が聞こえ不安になっていたが、車のある場所で合流できるはずだからとハイウェイを目指す。ソフィアの無事を祈るアンドレアとキャロルに向かってダリルは「祈るなんて時間の無駄だ。みんなで探せばあの子は助かる」と言葉遣いは悪いが、勇気づける。

 

f:id:mtomocha33:20170424161216p:image

 

ハイウェイで待つデールとTドッグだったが、Tドッグの体調がおもわしくなかった。傷口が変色し、敗血症の危険があり、放置された車の中から抗生物質を探していた。

 

ハーシェルの農場で治療を待つ間、自分を責めるリックをシェーンが励ましていた。カールは目を覚ましたが、激痛に耐えれず叫んでいた。カールを助けるため輸血用の血液が必要になり、リックの血を採取する。

 

何も知らないローリに知らせに行こうとするリックに向かってシェーンは、リックが撃たれ入院していた時ローリは助かると信じていた強い女性だから今度はリックが強くなってカールの回復を信じるようにとカールの側にいるように説得をする。

 

f:id:mtomocha33:20170424161235p:image

 

カールは危機を脱したが深いところにある破片は取り除けておらず、その破片が血管を傷つけているので開腹手術をしなければいけなかった。農場にはカールの手術に必要な手術器具が足りず、ウォーカーが多く近づけなかった近くの高校の緊急避難所に探しに行く事にした。オーティスが責任を感じてシェーンを高校まで案内し、2人で物資を調達しに行く事に。

 

ハイウェイで待つデールとTドッグは抗生物質を見つけられずにいた。Tドッグはひどい熱があり、仲間が森に入りソフィアを探しているのに待っているだけの自分は弱者扱いされていると感じていた。

 

ハイウェイに向かうアンドレアはウォーカーに襲われたが、危機一髪のところを謎の馬に乗った若い女に助けられた。その少女はハーシェルの娘のマギーだった。

 

マギーはローリに向かって「リックが待ってる。カールが撃たれたの。生きてるけど早く来て」とローリを馬の後ろに乗せた。

知らない女についていくな。と止めるダリルに、グリーン農場にいるから道を引き返すように言うと、ローリを連れて去ってしまった。

 

f:id:mtomocha33:20170424161301p:image

 

残ったダリル達はハイウェイに着き、デール達に事情を説明した。

 

農場ではリックがハーシェルにCDCセンターが壊滅し、治療法がないというリックにエイズ患者の出現に人々は混乱したが、疫病と戦ってきたから今回も大丈夫だとハーシェルは言った。

 

マギーがローリを連れて戻り、ローリはベッドで眠るカールに寄り添った。輸血も2回目になりリックはフラフラしていた。ローリはハーシェルにこれからする手術の経験があるのかと尋ねるとハーシェルは獣医師だと答えた。

 

f:id:mtomocha33:20170424161316p:image

 

ハイウェイではキャロルがソフィアが戻ってくるかもしれないから、ハイウェイを離れたくないと言っていた。ダリル、デール、キャロル、アンドレアの4人が一晩ハイウェイで待つ事に。デールはTドッグの傷が悪化して抗生物質もないので、グレンにTドッグを連れて先に農場へ行って手当をするよう言うと、ダリルは持っていたメルル(ダリルの兄)の荷物の中から抗生物質を出してTドッグに渡した。

 

 

物資を探しに出たシェーンとオーティスだったが、緊急医療車のまわりはウォーカーで溢れかえっていた。日が暮れたところで、放置車両の中にある発煙筒を集めてウォーカーの注意をひいている隙に器具を取りに向かった。

 

f:id:mtomocha33:20170424161327p:image

 

農場ではカールの血圧が下がり、緊急を要していた。シェーン達の帰りが遅いのでシェーン達を助けに行くと言うリックは輸血によりふらついていた。ローリは自分もカールもリックが必要だからここにいるようにと頼む。

 

暗闇の中必要な器具や物資を集めたシェーンとオーティスだったが、出口でウォーカーに気づかれてしまい走って逃げる。建物のドアを壊して何とか逃げ切るが完全に出口がなくなってしまった。

 

 

感想

 

前回カールが撃たれた所で終わったので、ずっとモヤモヤしてました。撃ってしまったオーティスやハーシェルはいい人そうだけど、不運としか言いようがない。

ウォーカーにやられるならまだしも、こんな世界で必死に生き残ってきたのに、不運とか嫌!でもなんかこのまま助かりそうな予感‥‥がしてます。

獣医ってとこがネックだけれど(笑)

 

で、今までなんだかんだ意見の相違があったシェーンとリックはやっぱり親友なんだなって実感した。パニックのリックを支えるシェーンとか男の友情でかっこよかった!!

 

で、やっぱりダリルさま。

途中の「祈るなんて時間の無駄だ。みんなで探せばあの子は助かる」って言葉にまたもや胸キュン!!!

なんとなく、もうダメかもモードに皆入っちゃってたから(私も)そんな中、何言ってんの?助かるに決まってんじゃん!的な発言ってキャロルからしたら嬉しいよね。しかも、兄メルルを置き去りにした張本人のTドッグに抗生剤を分けてあげるし。ダリルはヤンチャで言葉遣い悪いけど根が優しいな。またもやダリルにやられてしまった回。

 

でも、シェーン達の持ってくる器具がないとカールは助からないんだよね。。。

最後ウォーカーに囲まれてたけどシェーンならどうにかしてくれると期待しよう!!

 

 

 

ウォーキング・デッド コンパクト DVD-BOX シーズン2

ウォーキング・デッド コンパクト DVD-BOX シーズン2

 

 

ウォーキング・デッド シーズン2 1話 あらすじ・ネタバレ

f:id:mtomocha33:20170424191241p:plain

The Walking Dead(ウォーキング・デッド)

 

 

1話ごとのあらすじや感想を書いていきます。

※ネタバレあります。

 

前回のエピソードはこちら

 

 

kaigaidorama.hatenablog.jp

 

 

シーズン2 エピソード1

題:長い旅路の始まり(What Lies Ahead)

 

リックは聞こえている可能性の低いトランシーバーを手にモーガンに近況を報告していた。仲間を守るために最善の選択をし力を尽くしてきたが、仲間の1人が自ら死を選んだこと、CDCセンターは袋小路だった事、そしてアトランタを出て200キロ先のフォートベニング基地を目指す事、希望を捨てない事など決意、どうか無事でいてくれ!と語りかけていた。

 

ダリルはバイク、他な仲間は2台の車に別れ移動していたが、ハイウェイは立ち往生して放置された車であふれかえっていた。車の隙間をなんとか進むが、途中でデールの乗ったキャンピングカーが故障し立ち往生してしまう。

 

 f:id:mtomocha33:20170422172614p:image

 

墓場の様な辺ぴな場所で故障を直さなくてはならなくなり、放置された車からガソリンや物資などを集める事にする。

各々が物資を集める中、いつも通りデールはキャンピングカーの上から双眼鏡を眺めながら見張りをしていた。リックの視線がウォーカーをとらえるのとほぼ同時に、デールの双眼鏡もまたウォーカーをとらえていた。

しかし、ウォーカーは1人や2人ではなくウォーカの大群だった。

リックは車の下に隠れるよう皆に指示し、車の下に隠れた。

 

f:id:mtomocha33:20170422172638p:image 

 

キャンピングカーの中で銃の手入れをしていたアンドレアは窓の外のウォーカーの大群に気付きトイレに隠れる。

 

キャロルとソフィアはお互いが見える位置ではあるものの、別の車の下に隠れ、ウォーカーの大群が過ぎ去るのを怯えながら待っていた。

Tドッグは隠れる際に壊れた車の門で腕をケガしてしまい、大量の血が出てしまう。

 

アンドレアはトイレの中に身を潜めながら、手入れの為分解していた銃をなんとか組み立てようとしていたが、部品を落としてしまいウォーカーにトイレに隠れている事がばれてしまう。キャンピングカーの上からその様子を見たデールは持っていたドライバーをアンドレアに渡し、アンドレアは必死でそのドライバーをウォーカーに突き刺した。

 

 f:id:mtomocha33:20170422172654p:image

 

ウォーカーに見つかってしまったTドッグをダリルが助けるが、Tドッグはそのまま気を失ってしまった。ダリルは倒したウォーカーを自分とTドッグに被せなんとか群れに気付かれずに済んだ。

 

群れが去ったと思い、車の下から出ようとしたソフィアが残っていたウォーカーに見つかりパニックでそのまま1人で森へと逃げてしまう。

 

ウォーカー2体がソフィアを追い、リックもまた逃げるソフィアを追った。

森の中でソフィアを見つけたリックだったが、ウォーカーが2体いたのでソフィアを草むらに隠す事に。もし、自分が戻らなかったら太陽を左にして来た道を戻るようにと伝えてリックは自らおとりとなってウォーカーを退治した。

 

 f:id:mtomocha33:20170422172716p:image

 

リックがウォーカーを退治し、戻ったがソフィアの姿は消えていた。

 

仲間とソフィアの捜索に出かけ、ダリルが足跡をたどる。

シェーンとグレンは心配するキャロルを落ち着かせるためハイウェイに戻り、ダリルとリックが捜索をする事に。

 

物資を探している間にカールは息絶えた者のが持っていた武器を見つけ、興奮する

がローリとシェーンに全部デールに渡せと言われふてくされる。

ローリはシェーンのカールに対する冷たい口調に腹を立て口論をし、シェーンはチャンスがあればこのグループから抜けると告げる。

 

捜索をするリックとダリルは足跡を辿る。

捜索中ウォーカーにでくわし、何かを食べた様子のウォーカーの腹を裂いてソフィアではない事を確かめるがソフィアではなかったので安心をする。

 

日が暮れ、アンドレアはデールに自分の銃を取り上げられて怒っていた。

リックとダリルはソフィアを見つけられず、ハイウェイに戻ってきた。翌朝探すとキャロルを説得したが、キャロルはソフィアを1人にしたリックを責めた。

 

 f:id:mtomocha33:20170422172729p:image

 

翌朝、大勢で捜索に出かけるが、カールも行きたいと言い出しカールも連れていく事に。

 

アンドレアは銃がないと捜索に行かないとデールに詰め寄る。

デールはアンドレアがCDCで自殺を選んだ事を心配して銃を取り上げていたが、「私の人生よ。生きる意味を説くなんて何様のつもり?私があなたを救ったの。」など責め立てられていた。CDCで命を救って感謝してもらっていると思っていたデールは悲しげな表情でたたずんでいた。

 

f:id:mtomocha33:20170422172742p:image 

 

捜索にでた一行はテントを見つけ、ソフィアがいないか確認をするがテントの中には生きるのを諦めた人の亡骸があった。

その時どこからか鐘の音が聞こえ音のなる方へと急ぐ。

 

ハイウェイで待つ、ケガを負ったTドッグとデールだったが、実は故障した車は昨日直っていたが、デールはソフィア捜索の為にウソをついていた。

 

鐘の音のなる方へと進んだ一行は教会を見つけた。その教会にはウォーカーが数体いたものの、ソフィアの姿はなく、鐘はタイマーで自動で鳴っていた。

 

 

キャロルは教会で暴力を振るうエドの死を願ったのは自分自身で罰せられるべきは自分。ソフィアをお守りください。とソフィアの無事を祈っていた。

 f:id:mtomocha33:20170422172821p:image

一方、アンドレアは隠れて2人の関係や今後の事を討論するシェーンとローリの話を立ち聞きしてしまう。そしてシェーンにグループを抜ける時に一緒に連れて行って欲しいとお願いする。

 

リックはソフィアがいなくなったのは自分のせいだから諦めるわけには行かないとシェーンと引き続き捜索を続けるから皆にはさきに戻るように言った。

しかしカールはソフィアは友達なので自分も残ると言い、カール、シェーン、リックの3人で捜索を再開した。

 

リックは教会のキリスト像に向かって自分は信心深くないが、今回はソフィアを助けて欲しい。自分の行動が間違ってなかったと証明して欲しいとお願いしていた。

 

ハイウェイに戻る最中のローリはキャロルに迷わずソフィアを追ったリックを責めるのはやめて欲しい。リックに頼っておいて責めるなんて他の選択肢があったなら教えて欲しい。と不満をぶつけていた。

 

捜索中の3人は鹿を発見しカールは喜んで鹿に近づく。

その時どこからか拳銃の音がし、鹿とカールは地面に倒れる。

 f:id:mtomocha33:20170422172805p:image

リックが「カーーーール!!!」と言いながら駆け寄る。

 

感想

 

ウォーカーの大群がくる中、車の下で隠れてる時間が長かったーー。

息が詰まるかと思った。

メルルの手錠のカギを落としたり、怪我したりTドックってどんくさい(笑)

いや、この世界では笑いごとでは済まないんだけれど‥‥。

で、ソフィアも、不安なの分かるけれど、もうちょっと草むらで我慢してよ!!!!

とか思っちゃいました。

ローリがキャロルに言った事、中盤くらいから私も思っていた事だったのでスッキリ!

リックに甘えすぎじゃない?

リック責めるとかお門違い。で、自分は教会でただ祈るだけなキャロルに終始イライラしながら見てました。

あと、アンドレアも、もっと言い方あるだろうに。確かにデールはおせっかいだし、感謝されてると思っていたとか言っちゃうあたりが図々しい(笑)

けれど、アンドレアにボコスコに言われた後のデールは可哀想だったな。

 

いや、いや。最後!!!!

そんな事より最後何?

画面を見ながら思わず私もカ―――ル!!と叫びそうになりました。

なに?なんで??誰が?もう謎だらけ。

真相は次回てことですかね。

 

次のエピソードはこちら

 

kaigaidorama.hatenablog.jp

 

 

ウォーキング・デッド コンパクト DVD-BOX シーズン2

ウォーキング・デッド コンパクト DVD-BOX シーズン2

 

 

 

 

ウォーキング・デッド シーズン1 6話 あらすじ・ネタバレ

The Walking Dead(ウォーキング・デッド)

 

 

1話ごとのあらすじや感想を書いていきます。

※ネタバレあります。

 

前回のエピソードはこちら

 

 

シーズン1 エピソード6

題:残された希望(TS-19)

 

~世界が終末を迎える前の話~

 

病院内では避難していた民間人を射殺していたが、外からウォーカーが侵入し、その軍人達を襲った。

1連の出来事を見ていたシェーンは急いで昏睡状態のリックの病室まで行き、リックを担架に乗せようとする。そこへ銃を手にした軍人が現れるが、シェーンはすばやく身を隠した。

機械に繋がれたリックに何度も呼びかけるがリックは目を覚まさない。

停電になりリックに繋がれていた機械の電源が落ちると、シェーンはリックの心臓の音を確認するが聞こえない。

攻撃態勢の軍人とウォーカーが入り乱れる病院内で、シェーンはリックの病室の前に担架を置いて侵入できない様にしてからその場を立ち去った。

 f:id:mtomocha33:20170414161623p:image

 

~現在~

 

CDCの扉が開くとそこには1人の男がいた。

「感染してないか?」と聞く男にリックは「感染した仲間は置いてきた」と答える。

入場料代わりに血液検査を受ける条件でCDCの中に入る事を許され、男は「中に入れ、ドアは二度と開かない」と言い、正面玄関は封鎖された。

男の名はジェンナー博士。CDCはジェンナー博士1人しかいなかった。

 

一同は血液検査を受け、ウォーカーのいない安全な施設内でワインや食事を楽しみ、久しぶりに安らいだ時間を過ごす。

シェーンはジェンナー博士に研究していると期待して来たのに、何故1人しかいないのか?と尋ねる。

ジェンナー博士は危機が迫り家族の元へ戻った者、逃げ出した者、生きるのを諦めた者がいたと話し、自分は役立つことをしたくて残ったと説明する。

 f:id:mtomocha33:20170414161141p:image

久しぶりのベッドにシャワーに喜ぶ一行だっだが、アンドレアだけはシャワーを浴びながら何かに怯え、トイレで吐いていた。その様子に気付いたデールが近寄るが、アンドレアに「人生が終わった。ジェンナーの顔を見たでしょう?もう望みはないのよ」と言われてしまう。

 

シャワーを浴びたリックはジェンナー博士にお礼を言いに行くが、酔っていて足がもつれていた。酔っているせいか、ローリや皆に言えなかった外での暮らしの苦しみを打ち明けた。

 

酔っぱらったシェーンはリックは死んだとウソをついたと思っているローリに必死に当時の状況を説明し、ローリとカールを守るために死んだと言うしかなかったと弁解をしていた。シェーンは酔ってローリに「愛してる」と無理やりキスをして押し倒そうとする。

ローリが抵抗してばりかいてシェーンは我に返り、部屋から出ていく。

 f:id:mtomocha33:20170414161202p:image

ベッドでローリは恐怖で泣いていたが、何も知らないリックは「ここは安全だ。大丈夫だよ」と見当違いの事を言う。

 

昨夜の宴のせいで翌朝はみんな二日酔いだった。

デールの一言で起きてきたジェンダー博士に質問をする事に。

ジェンダー博士は「TS-19を再生しろ」とコンピューターに指示すると説明を始めた。

ジェンナー博士はウォーカーに噛まれて感染した後、記録の被験者になると申し出てくれた「TS(被験者)19号」の脳の映像を見せた。

その映像は噛まれてからだんだんと脳の主要組織が侵されていく映像だった。

そしてウォーカーになるには噛まれてから3分~8時間の差がある事を聞かされたが、原因は分からない、他の施設は1つも残っていない事を聞かされる。

 f:id:mtomocha33:20170414161248p:image

デールはカウントダウンをしている施設内の時計について尋ねると、ジェンナー博士は「発電機の燃料が切れる」と答える。

リックがコンピューターに燃料が切れたらどうなるの聞くと「施設ごと汚染除去します」と答える。

 

男たちは燃料を確かめに設備室に行くと、すでに燃料は空っぽだった。

 

施設の空調や電気が止まり心配して皆集まり、ジェンナー博士に事情を聴くと「残り時間は30分」予定通りだと言う。

リック達は荷物をまとめて脱出しようとすると、施設内は大音量のアラームが鳴り出し、ドアが閉まり施設内が封鎖され閉じ込められてしまう。

 f:id:mtomocha33:20170414161304p:image

ジェンナー博士に開けるよう言うが、「自分では制御できない、二度と開かないと言ったはずだ」と言われてしまう。30分後どうなるのかと詰め寄るリック、ジェンナー博士はこの施設は30分後には核爆弾に匹敵するほどの大爆発が起きると告げる。

 

男達はなんとかして脱出しようと試み、ジェンナー博士を説得する。

リックは希望は捨てないと怒り、キャロルは娘をこんな風に死なせたくないと泣き、シェーンは銃を突きつけ開けないと頭をぶち抜くと脅す。

途中で研究を投げ出さなかったのは、諦めなかったからだと説得するとジェンナー博士は彼女と約束したからだと答える。「TS19」はジェンナーの妻だったのだ。

妻と約束をしたから研究を続けたが、CDCのリーダーは妻で自分は非力だったというのだ。

生きるチャンスをと説得を続け、正面玄関の封鎖は解除できないがドアを開けてくれた。

ジェンナーはリックにチャンスを掴めと握手をし、リックの耳元で何かささやく。

 f:id:mtomocha33:20170414161338p:image

残り時間4分となり急いで脱出しようとするが、ジャッキーはここに残るという。Tドッグが説得するが、「ここにきてやっと冷静になれた。感染したくない」ととどまる事を決意していた。そして、アンドレアもまたここに残ると言う。

 

正面玄関でなんとか脱出しようとするが、銃でも玄関のガラスは割れない。

キャロルは洗濯の時にリックの服から見つけ持っていた手榴弾を渡し、これならどうか?とリックに渡す。

キャロルの持っていた手榴弾によって玄関のガラスが割れ、脱出に成功する。

 

デールはアンドレアの説得を続けていたが、諦めて「自分も残る」と腰をおろした。

アンドレアを家族のように思っているデールはあっさり別れられないと自分も一緒に死ぬ事を決意していた。

f:id:mtomocha33:20170414161400p:image 

脱出したリック達はウォーカーを倒しながらバスに乗り込んだ。

CDCからデールとアンドレアが出てくるのが見えた。

爆発の時間が迫り、「伏せろ!」と叫んだ直後CDCセンターは大爆発をした。

 f:id:mtomocha33:20170414161420p:image

助かったアンドレアだったが、デールを睨み、そして一行は逃げるように行く当てもなく車を走らせた。

 

感想

 

シーズン1はここまでだそうです。もう今回えーーー!!の連続でした。

確かにジェンナーは初めから胡散臭かった(笑)

でも、死ぬなら1人で死んでって思ったよね。爆発する前にジェンナー博士とジャッキーが手を取り合っていて、「いや、あなた達昨日出会ったばっかじゃない!」と突っ込んじゃいました(笑)CDCでもしかしたら解決の糸口が見えるのかと期待していたから残念でしょうがない。でもジェンナーがリックに耳元で何を言ってたのだろう。大事なキーワードになってくると思うけれど、シーズン2までお預けってことだな。あ、シェーンの大暴走もローリの身勝手さもすっかり忘れてたけどそれも来シーズンですね!

 

 次のエピソードはこちら

 

kaigaidorama.hatenablog.jp

 

 

ウォーキング・デッド コンパクト DVD-BOX シーズン1

ウォーキング・デッド コンパクト DVD-BOX シーズン1

 

 

ウォーキング・デッド シーズン1 5話 あらすじ・ネタバレ

he Walking Dead(ウォーキング・デッド)

 

 

1話ごとのあらすじや感想を書いていきます。

※ネタバレあります。

 

前回のエピソードはこちら

 

 

kaigaidorama.hatenablog.jp

 

 

シーズン1 エピソード5

題:救いを求めて(wildfire)

 

リックは夜明け前、家族が生きていた事、アトランタ市内は危険な事、そして今自分がいる場所を伝え、ここで待っていると、届いているかは分からないトランシーバーを片手にモーガンに呼びかけていた。

 

一夜明けたキャンプでは妹の亡骸を前にアンドレアは憔悴しきっていた。

ローリは「できるだけ手厚く埋葬する」とアンドレアに話しかけるが返事はない。

一晩中エイミーの側を離れず、話もしないアンドレアを心配し、リックも話しかけるが、リックに銃を向けアンドレアは話そうとしない。

 

ウォーカーに襲われ命を落とした仲間を埋葬しようとしていた時に、ジムが実は噛まれたいたことが発覚する。ジムへの対処方法を話し合い、リックはCDC(失病対策センター)が薬を作っているという噂を聞いたと皆に話す。そして、ジムを救うにはCDCしかないと言うリックと、武装万全のはずのフォートベニング基地へ行くべきと言うシェーンと噛まれたジムを始末するべきだと言うダリルで意見が分かれる。

 

デールはエイミーの側を離れないアンドレアの横に座り、妻が死んだ時の話を始める。

妻の死後大切な人と思えたのは、君達姉妹が初めてだと告げる。

そしてアンドレアは、エイミーの誕生日に渡すはずだったプレゼントをポケットから出すし、お祝いに行くと約束していたのに、毎年大学などで忙しくて約束を破っていた事を打ち明けると、プレゼントのネックレスをエイミーにつける。

 f:id:mtomocha33:20170414154858p:image

ダリルは噛まれて命を落とした仲間が転化(ウォーカーになる)してしまわないように、頭に向かってつるはしを振り下ろしていた。キャロルは夫だから自分がやると言って、命を落としたエドに向かって泣きながら何度も何度もつるはしを振り下ろす。

 

エイミーの側にいたアンドレアはエイミーの異変に気付く。手が微かに動き、そして目を開けたエイミーはウォーカーとなってしまった。

アンドレアは「誕生日に側にいられなくてごめんね、愛してる」と最後の言葉をかけ、引き金を引いた。

 

埋葬するため穴を掘りながらシェーンはアトランタ市内に行かなければ、犠牲者を出さずに済んだとリックを責めるが、市内に武器を取りに行かなければもっと被害は大きかったとリックは反論する。

 

仲間の埋葬を終え、リックはローリにシェーンに言われたことや、CDCに行くことなど相談したが、ローリは曖昧な返事をしてリックの味方にはならなかった。

 f:id:mtomocha33:20170414155242p:image

 

ウォーカーに噛まれ、高熱に苦しむジムにリックは「神が許すなら、君を助けたい」と言うが、高熱のせいか意味不明な事を話し出す。

 

シェーンとリックは見回りをしながらCDCへいくかフォートベニング基地へ行くか話し合っていた。なぜ反対するのか尋ねるリックにシェーンは助かる確信がないと告げる。

自分の家族と同じようにローリとカールを守ってきたシェーンにリックは「自分の家族だったらどうだ?」と心無い一言を言ってしまう。

言い合いをしていた2人は物音を聞き、音をたてないように音の犯人を捜す。

2人がバラバラになって見回りをし、シェーンは遠くからリックに銃の照準を合わせるが

そこをデールに見られてしまい、シェーンはうまくごまかす。

 f:id:mtomocha33:20170414154931p:image

キャンプの全員そろうと、何故かシェーンは助かる保証はないけれどリックのCDC行を支持し、賛同するものは明日の朝出発しようと提案する。

 

翌朝リックは夜明け前に、移動するからメモと地図を残した事、そして、CDCの噂が正しい事を祈る。と、返事の返ってこない、届いているかは分からないトランシーバーを片手にモーガンに呼びかけていた。

 

モラレス家はCDCには行かず、親戚の家を目指すことにし、リック達は銃と弾を渡し、モラレス達と別れ。

モーガンへの[CDCへ行く。ここは危険だ]という置手紙を残して、リック達はキャンプ地を離れて、数台の車でCDCを目指す。

f:id:mtomocha33:20170414154743p:image

 

道中、デールの運転していたキャンピングカーのラジエーターホースが故障し、立ち往生し、ジムの容態も悪化していた。

そして、ジムは自分自身がそう決めたと「車を降りる」と言い出した。

皆がここにジムを置き去りにすることに難色を示したが、決めるのはジム本人だと、ジムの意見を尊重することにした。ジムを木陰に座らせ、1人1人がジムにお別れの言葉を言った。

f:id:mtomocha33:20170414154727p:image 

 

リック達はCDCへ到着するが、敷地内は息耐えた人の山だった。

CDCセンターでは監視カメラでリック達の侵入を見ている男がいた。

入口のシャッターの前についたリック達だが、ノックしても反応はなく、ウォーカーも近づく。

 

CDCセンターでは1人の男がモニターを見つめていた。

 

皆が恐怖に怯え、パニックになり、早く退散しようと言うが、リックは監視カメラが動いた事に気が付く。

リックはカメラに向かって、「頼む助けてくれ」と叫び続ける。

ローリも必死に止める中、「女や子供もいる、他に行く所がないんだ」とカメラに向かって必死で叫ぶリックをシェーンは無理やり連れ出そうとする。

 f:id:mtomocha33:20170414154633p:image

その時

CDCセンターのシャッターが開いた。

 

 

感想

 

今回前半はこの世界では死者を弔う時間もないのかと、少しローリやグレンが途中苛立っている気持ちがわかった。

けど、蘇っちゃうし、死んだ者の事考えるより、今を生きる事の方が大事だろうというダリルの言い分もよく分かる。

これがサバイバルというやつか!!!(笑)

 

そして、だんだんリックとシェーンの関係が危なくなってきている……。

確かにリックが現れるまではシェーンがこのグループのリーダーだっだのに、いきなり現れて恋人もリーダーの座も奪われたような感覚になっているのかな~。

で、ジムを置き去りって。。。

ジムにみんな一言ずつ声をかけるシーンで、ダリルだけが何も言わずアイコンタクトのような仕草をするのが、ヤバかった!

シャイな男!って感じで、でもわかるだろう?みたいな雰囲気。

一気にダリルファンになっちゃった。だって、強いし、狩りできるし、兄思いだし、多くを語らない系の男。うん。ダリルから目が離せない(笑)

 

次のエピソードはこちら

kaigaidorama.hatenablog.jp

 

 

ウォーキング・デッド コンパクト DVD-BOX シーズン1

ウォーキング・デッド コンパクト DVD-BOX シーズン1

 

 

ウォーキング・デッド シーズン1 4話 あらすじ・ネタバレ

The Walking Dead(ウォーキング・デッド)

 

 

1話ごとのあらすじや感想を書いていきます。

※ネタバレあります。

 

 

シーズン1 エピソード4  

題:弱肉強食(Vatos)

 

キャンプでは湖でアンドレア、エイミー姉妹が亡き父に教わった釣りをしながら、思い出を語り合っていた。

一方、見張りをしていたデールはジムがずっと穴を掘り続けている事に気づき、不審に思う。 

f:id:mtomocha33:20170406161855p:image

アトランタ市内では、のこぎりで切られたメルルの手首を「痛かっただろう」とダリルはバンダナで包み、グレンのをバッグにいれる。

そして、ベルトで止血しているはずだと血痕を頼りにメルルの足取りを追う。

 

キャンプではデールがジムに「そんなに続けたら倒れてしまうから、水を飲め」と差し出すが、ジムは無言で穴を掘り続ける。

釣りの成果は大漁で、エイミーはカールに釣りを教える約束をしていたところに、デールがジムの奇妙な行動を皆に報告する。

 

片手だけでウォーカーを始末し、ガスバーナーで傷を焼いて止血し、建物から脱出した痕跡を見つけると、ダリルはメルルが生きている事を確信する。

ダリルはメルルを追おうとするが、リック達の説得により、先にバックの中の武器取りに行くことにする。

 

何時間も穴を掘り続けるジムに対して、シェーンやデールは話し合いをしようとするが、迷惑はかけてないと聞く耳を持たない。シェーンは「シャベルを奪いたくないから渡してくれ」と頼むが、ジムは「渡さなかったらエドにしたように殴るのか?」とシャベルを渡そうとしない。シャベルを持って暴れたジムを最終的にシェーンが力づくで取り押さえる。

 f:id:mtomocha33:20170406161936p:image 

ジムは手錠をかけられながら、「俺は家族が食われてる間に逃げ出したんだ」と過去の話をする。

 

グレンがたてた作戦に従い、集団だと動きが鈍くなるからグレン1人が5ブロック先の戦車のそばのバックを取りに行きダリルが援護し、Tドッグとリックは2ブロック先でウォーカーに阻まれてしまった場合の援護をすることになった。

 

ダリルはグレンに元の職業を尋ねると、グレンは「ピザの配達さ。なぜ?」と答える。

「勇敢な中国人だ」とダリルは褒めるが、グレンは「韓国人だ」答える。

 f:id:mtomocha33:20170406162500p:image

 

グレンが1人で戦車のそばのバックのところに向かっている間に、ダリルが生きている少年ミゲルに出会う。

メルルを見たか?とたずねるが、ミゲルが騒いだ為ダリルにより取り押さえられる。

しかし、ミゲルの仲間が現れ、ダリルは抵抗するものの、バックを取って戻ってきたグレンを連れ去ってしまう。

ウォーカーが騒動に気づき集まってきたので取り残されたミゲルを連れ避難することに。

f:id:mtomocha33:20170406162024p:image 

ジムは木に縛られて拘束されたが、落ち着きを取り戻し、暑さで変になっていたことを謝罪した。

なぜ穴を掘っていたのか聞かれると、理由は思い出せないと答える。

そして、カールに向かって「昨夜夢を見たんだ。夢の中で君がパパのことを心配をしていた。心配かい?君のパパは保安官だ。誰かを助けてあげてるのさ。彼は強くて根性がある。会ったばかりだが、分かるんだ。絶対に君とママの元に戻ってくるよ」と意味不明な事を言い出し、ローリには「カールから離れるな。目を離しちゃいけない。」と助言する。

 

リック達はミゲルに仲間はどこに行ったか聞くが答えない。ダリルはミゲルのグループがメルルをさらったと思っていた。ダリルは「もし俺を怒らせたらこうなるぞ」と持ってきていたメルルの手首を少年に見せる。

グレンを返してもらえるように少年のグループに交渉に行くが、リーダーの"G"ことギレルモとの交渉はうまくいかない。

ギレルモは通りで見つけた銃をよこさないとひどい目に遭うぞと脅すが、リックたちもTドックが別の場所からギレルモ達を銃で狙っていた。

ギレルモはミゲルと銃を返して退散するか、銃撃戦を繰り広げて血を流すか、選択肢は2つだと一触即発の状態となり、リック達は一時退散をする。

 f:id:mtomocha33:20170406162107p:image

リックはグレンは命の恩人だから助けるが、銃を渡す気はなかった。

 

再びギレルモの元にきたリック達は銃は渡さないが、ミゲルと引き換えにグレンを返せと言うが、聞き入れられない。

リックは銃撃戦を選んだとギレルモに銃を突き付けた時に、おばあさんが現れる。

おばさんは喘息の薬を探していると言い、一触即発だった現場の様子が一変する。

 

おばあさんはアジア人に会わせてあげるというのでついていくと、建物の奥にはグレンと、たくさんの老人いた。

実は、ギレルモ達は、力尽くで物資を奪う奴らから食料や薬を奪われないよう戦いながら、老人達を守っていた心優しいグループだったのだ。

 f:id:mtomocha33:20170406162200p:image

リックはギレルモ達にバックの中の銃と弾を半分分け与えた。

 

乗ってきた車に向ったリック達だが、車が消えていたのでリック達はメルルがキャンプに向かったと思っていた。

 

キャンプではアンドレアが翌日のエイミーの誕生日プレゼントを包む紙を探し、ジムは落ち着きを取り戻し、拘束を解かれみんなの元へと戻った。

一方、シェーンに殴られたエドはテントの中でふてくされ、妻キャロルがみんなの元へといかないか?と誘うが、暴言を吐いていた。

 

夕食はアンドレアとエイミーが釣った魚をみんなで食べながら談笑していた。

エイミーがトイレに席を立った頃、エドのテントを数名のウォーカーが襲い、エドは噛まれてしまう。

トイレから出てきたエイミーもウォーカーに噛まれてしまい悲鳴をあげる。

 f:id:mtomocha33:20170406162338p:image

ウォーカーの群れが食事中のシェーン達を襲う。

皆が逃げまどい、森には銃の音がこだまし、シェーンはローリ、カールを守りながら戦うが、数名がウォーカーにやられてしまう。

銃声は、走ってキャンプに戻っているリック達の耳にも届いていた。

 

急いで戻ってきたリック達が応戦し、ウォーカーの群れをやっつける。

そしてアンドレアは噛まれたエイミーを抱き寄せ、泣きながら看取る。

 

ジムは「俺が穴を掘ったのはこのためだったのか」と不気味につぶやく。

 f:id:mtomocha33:20170406162300p:image

 

感想

 

メルルの生命力すごくないですか!?

自分で手首を落とし、ベルトで止血をし、バーナーで傷を焼くとか!

作り話と分かっていても、メルルとは一生出会いたくない(笑)

 

そして、ギレルモめっっっちゃいい奴!

こんな世界になっても弱きものを助けるとか(涙)しかも一見悪い奴感でていたのに、なんて心優しいの(涙)

銃を渡しちゃうリックもエライ!

またいつかギレルモ達との再会シーンを作ってほしい!

 

そして、今回は悲しいラストシーンになってしまった。

今までアンドレアが妹エイミーを想うシーンがたくさんあっただけに、アンドレアの気持ちを思うとツライですね。

仲間がウォーカーに噛まれるシーンは生生しかった。。。

来週からどうなるのか……。

 

次のエピソードはこちら

kaigaidorama.hatenablog.jp

 

 

 

ウォーキング・デッド コンパクト DVD-BOX シーズン1

ウォーキング・デッド コンパクト DVD-BOX シーズン1